仙台市民オンブズマン|市民による行政の監視役
  • HOME
  • >
  • カテゴリー: タイアップグループの部屋
  • 2012年オンブズマン支援企画!まもなく開催!

    落語と漫才、そして津軽三味線で

           秋の夜のひとときを・・・

    と き 10月19日(金)1800開場 1830開演

    ところ 仙台市戦災復興記念館 記念ホール(昨年と同じ会場です)

    仙台市青葉区大町二丁目121  Tel.022-263-6931

     

    ◎オンブズマン活動支援協力券 2,000円をお買い求めください(当日券もあります)。

    協力券は藤崎プレイガイドと事務局でお取り扱いしています。

    協力券は好評発売中です。座席数に限りがあります。お早めのお買い求めをおすすめいたします。

     

    《企画のお問い合わせ・事務局》

    仙台市民オンブズマン・タイアップグループ

    980-0021 仙台市青葉区中央4328 朝市ビル3F

    Tel.022-227-9900  Fax.022-227-3267


    121019チラシ2.jpg

    出演者のよこ顔

    六華亭遊花さん

    支援企画5087.jpg

     昨年の支援企画で「川野目亭南天」として出演頂き、大好評を得ました。今年は東方落語から落語芸術協会の落語家「六華亭遊花」となってご出演頂きます。

     舞台女優としても、主演、準主演として活躍、標準語と東北弁を駆使してテレビ・ラジオでも大好評、ますます活躍が期待されております。

     

    今野家なにも・かにもさん

    支援企画6088.jpg

     なにわのおばちゃんにも負けない強力なキャラクターで東北のおばちゃんパワーを爆発!日常を面白おかしく再現し、爆笑間違い無しです。

     現在、東方落語定期寄席(毎週第2日曜日「炉だん」で開催)、落語芸術協会主催魅知国仙台寄席出演中です。

     

    えり奈さん

    支援企画7089.jpg

     津軽三味線全国大会、女性初の5年連続入賞を果たした実力者。三味線弾き語りをお楽しみ下さい。

     現在は三絃えり奈塾、えり奈流家元として後進の指導に当たっているほか、青森テレビ「ふしぎシリーズ」のメイン司会を務めるなど、三味線会に止まらず大活躍。

    挨拶

    オンブズマン支援企画へ是非おいで下さい。

    仙台市民オンブズマンタイアップグループ会長 山田 忠行

     2年連続支援企画に、六華亭遊花(川野目亭南天改め)さんに出演をお願いすることになりました。

     昨年は震災もありましたが「深まる秋の一夜 落語と漫才で安らぎのひとときを」と題して開催したところ、漫才、落語とも大好評で、特に南天さん(当時)の東北弁の語りは、東北人には癒しの効果もあって、そしてとにかく面白く、また呼んでほしいという有り難い声が沢山寄せられました。遊花さんからも快諾をいただき寄席の実現となりました。

     去年聴けずに悔しい思いをした人も、今年こそは会場に足を運んでください。よろしくお願します。

    2010年オンブズマン支援企画が決まりました!

    と き 11月12日(金) 1800開場 1830開演

    ところ 仙台市戦災復興記念館 大ホール

         (昨年と同じ会場です。詳細は後日ご案内申し上げます。)

     内容と出演者

     今年は、なんと!なつかしいフォーク歌手小室等さんです。



     小室等さんと言えば『雨が空から降れば』上条恒彦と六文銭が歌った『出発の歌』(たびだちのうた)が有名。吉田拓郎・泉谷しげる・井上陽水らとともに日本フォークソング界の重鎮です。「受験生ブルース」の高石友也と並び、日本フォーク界の開祖の1人とも言われています。

     と言っても、いまの若い方々はどれだけ知っているでしょうか。逆に団塊の世代、その前後の世代で知らないと言う人は何人いるでしょうか。70年安保闘争当時の激しい世相にあって、小室等の歌に癒された人はたくさんいたと思います(下記のHPで歌が聴けますよ)。


     もう一人、在日コリアン二世の李政美(イ ジョンミ)さんも出演します。彼女は朝鮮民謡やフォークなどを歌い、全国でライブを行っています。

     なつかしいフォークソングで、会場を満杯にしたいと思います。

     是非ご参加ください。

     二人のHPです。

    小室等さんのHP http://www.forlife.co.jp/artist/?aid=FL00021

    李政美さんのHP http://leejeongmi.com/


    余談ですが・・・、

     先日(2010/04/25)宮城地域自治研究所の足下調査で多賀城祉に行ってきました。そこでの桜です。あまりに見事で、カメラは不得意ですが、思わずパチリ!。

    100425多賀城祉桜.jpg

    シマ記

    10月6日 タイアップグループ例会報告


     さる106日火曜日、宮城地域自治研究所内でタイアップグループの例会が開催されました。

     主な協議は、2年ぶりに開催される仙台市民オンブズマン支援企画の進捗状況についてです。

     支援企画「地球のステージ」http://www.e-stageone.org/は、世界の紛争、災害、貧困の地のこども達が明るくたくましく生き抜こうとする姿に音楽と映像で近づこうと言う感動のステージです。

    091006OBT例会7.jpg

     開催日時・場所は

    11月17日(火曜日)、

    仙台市戦災復興記念館 

    午後6時30分開演(午後6時開場)です。

     オンブズマン活動支援協力巻3,000円は下記事務局で取り扱っております。

    《お問い合わせ》

    仙台市民オンブズマン・タイアップグループ事務局

    仙台市青葉区中央4-3-28朝市ビル3F

    TEL 022-227-9900

    FAX  022-263-6931

    http://sendai-ombuds.net/ 

    e-mail:s-ombuds@nifty.com


    手作り料理レシピ紹介

     協議のあとは手作り料理の持ち寄りで、和やかに懇親会。そこでの話題は県知事選。例のごとく美味い料理とお酒を頂きながらの歓談です。

    091006OBT例会6-1.jpg

     今回は、例会専属新シェフさんの手作り料理の中から二品レシピをご紹介しましょう。





    手羽先のバルサミコ酢煮

    手羽先15~6本、ショウガ・ニンニク各1かけ、オリーブ油適量、白髪ネギ

    【バルサミコ酢カップ1,醤油大さじ2、砂糖大さじ2、白ワイン大さじ4、コンソメ顆粒小さじ2、水カップ1】

                  手羽先は関節のところで先端部分を切り落とす。

    091006OBT例会7-1.jpg

          フライパンにオリーブ油を入れ、潰したショウガ・ニンニクを香りが出るまで炒め(焦がさないように注意)、手羽先を加えてこんがり焼く。

          【 】内の調味料を加えて煮汁が1/3位になるまで煮詰める。

          皿に盛って白髪ネギを添える。

       酢で煮るので身が骨からポロッと外れます。


    切り干し大根のショウガ煮

     切り干し大根の煮物をいつもより薄味で歯ごたえが残るようにさっと煮込みます。

    091006OBT例会4-1.jpg

     酢少々、おろしたショウガ(切り干し大根5060gに対してショウガの塊1/2位、こんなに沢山という位です)を加えて一煮立ちさせて冷まします。

     ユズの皮か国産レモンの皮の繊切り(小1コ分位)、香ばしく煎った切りゴマ大さじ2杯程を混ぜ合わせます。

    * ショウガのピリ辛が病み付きになります。





      手羽先のバルサミコ酢煮は、しっかりした味付けにバルサミコの爽やかさが加わり、軟骨まで美味しく頂きました。酢に弱い私も、独り占めしているわけではないのですが、周りの目を気にしながら何本も頂きました。

     切り干し大根のショウガ煮は、いつの間にか手を伸ばして食べてしまいます。本当に病み付きになりそうです。

     もちろん会議も充実しておりますが、沢山の美味しいお料理で(炊き込みご飯も美味しかったですよ)、会それ自体深みを増しているようです。

     多くの皆様のご参加をお待ちしております。

    S

    091006OBT例会12-1.jpg

    0891006OBT例会11-1.jpg


    8月4日 タイアップグループ例会報告


     さる8月4日火曜日、宮城地域自治研究所内でタイアップグループの例会が開催されました。

    3.jpg

     主な議題は、2年ぶりに開催される仙台市民オンブズマン支援企画並びにその実行委員会の立ち上げについてです。

     支援企画は「地球のステージ」http://www.r-stageone.orgと題して、世界の「紛争、災害、貧困の血のこども達に音楽と映像で近づこう」と言うコンサート形式のステージです。

     開催日・場所は11月17日(火曜日)、仙台市戦災復興記念館です(詳細は後日、本ホームページでお知らせいたします)

    2.jpg

     このあとは手作り料理の持ち寄りで、和やかに懇親会。そこで新仙台市長の話題から始まり総選挙問題や教育問題など、例のごとく美味い料理とお酒を頂きながらの楽しい情報交換でした。

    090804-10.jpg

     今後の主な日程は以下の通りです。皆様宜しくご協力ください。

    91():三役会、

    915():支援企画実行員会、

    106():タイアップ例会・実行委員会、

    114()支援企画実行員会、

    1117():支援企画当日

    S


    6月2日 タイアップグループ例会報告

     さる6月2日火曜日、宮城地域自治研究所内でタイアップグループの例会が開催されました。

     議題は、

    ⒈仙台市民オンブズマンタイアップグループの総会と懇親会について、
    ⒉総会議案ならびに人事について、
    ⒊支援企画について、
    ⒋会員拡大について、
    ⒌会報発行について、
    ⒍その他で、活発に話し合われました。

    2.jpg1.jpg

    会議風景(資料配布と説明)

     このあとは、手作り料理の持ち寄りで、和やかに懇親会、そこでも仙台市長選挙から始まり仙台市議会の傍聴など、美味い料理とお酒を潤滑剤に多いに議論の花を咲かせました。

    3.jpg4.jpg

    美味しい!旨い!手作り料理です!

     主な会議内容は以下の通り・・・

    l         総会の期日は、7月17日(金)、午後6時から総会、午後6時30分から懇親会となっており、会場はホテル白萩です。なお、オンブズマンの総会は午後4時からとなっており、タイアップのメンバーであれば傍聴は自由にできます。
    l         今度の支援企画は11月17日(火)、「地球のステージ」(http://www.r-stageone.org)と銘打って「「世界の「紛争、災害、貧困の地の子どもたちたちに音楽と映像で近づこう」と言うコンサート形式のステージです。8月4日に実行委員会をおこなう予定です。

    S

    オンブズマンタイアップのあっぷあっぷ座談会8


    第1回 あっぷあっぷ座談会最終回

    「議会ウォッチャ・仙台」について(3

    081227議会ウォッチャー3.jpg

    「議会ウォッチャ・仙台」発会式風景3

    司会:駄目なところの指摘より良いところを評価すると言うことですね。

    M:小学校の先生になったような気分ですね。

     小学校と言えば、私も「議会ウォッチャ・仙台」の準備会のときに仙台市議会を傍聴しましたが、小学校の授業参観にでたような気分になりました。席は立つ、おしゃべりはする・・・で。

     ところが、発足の公表後に傍聴しましたらがらっと雰囲気が変わっているんです。久々でしたのでそのせいかとも思ったのですが・・・。

    S:いや、確かに公表前とは変わりましたね。しかしこれは良い傾向だと思います。見られている意識でいてもらう、その緊張感は大切だと思います。

    司会:「議会ウォッチャ・仙台」には良い意味で緊張感を醸し出す効果もあると思います。

     いずれにせよ、多くの市民の方々に参加して頂きたいと思いますね。

    S:そうですね。「議会ウォッチャ」は多くの方々のご参加を待っております。

    L:議会を傍聴してその報告を例会でして頂く、そして、まとめていく。その交流の中で、内容的にも充実、進化させていくと言う活動をしているにですが、参加者のご意見を聞くだけでも勉強になりますね。

    司会:参加ご希望の方は、タイアップグループ事務局(Tel:022-227-9900,Fax:022-227-3267宛ご連絡頂ければと思います。

     多くの市民にご参加、傍聴して頂き、ご意見を頂きたいと思います。

     なお、傍聴に関するお問い合わせは仙台市議会事務局庶務課、電話022-214-6164(直通)でも行なっております。

     さて、楽しくお話をお伺いしているうちに、いつの間にか年の瀬も押し迫って参りました。お話は尽きないのですが、今回はこの辺でお開きとさせて頂きたいと思います。

     Lさん、Mさん、Sさん、今回はお忙しい所お集まり頂き、どうも有り難うございました。次回もさらに楽しく、忌憚のないお話をお聞かせ願います。

     ここに来て急に冬らしくなって参りました。風邪などをお召しになりませんよう、皆様、良いお年をお迎え下さい。

     それではごきげんよう・・・。

    しま記

    オンブズマンタイアップのあっぷあっぷ座談会7

    「議会ウォッチャ・仙台」について(2)

    司会者:評価については、①議場での態度、②発言(質問)内容、③「開かれた議会づくり」の取り組み、の3点について行い、それに基づいてランキング付けをし、結果を市民に公表すると言う予定になっています。この点については如何でしょうか。

    081227議会ウォッチャー2.jpg

    「議会ウォッチャ・仙台」発会式風景2

    S:現在は、今述べた3点を、より充実させるべく研究しながら進めていると言った状況でしょうか。

     自治体のレベルは民度を表すと言いますか、議会の質がその自治体のレベルを決定するといっても過言ではないと考えます。議会の質の向上は、議会および議員の日々の努力もさることながら、議員を選んだ私たち市民の、外からの監視・評価もきわめて重要だと思います。

    L私が傍聴に行ったときのことですが、実に驚いたのが、議事中に離席はまだ良い方で、居眠り、これも静かで良いかもしれませんが(笑い)、困るのはおしゃべりです。

     これらの行動をとる議員はだいたい決まっている。

    Mヤジは如何でしょうか。けっこう腹立たしい感じのときもありますが・・・。

    L:時としてブッ倒れそうになるヤジもあると思いますが、僕は議論活性上、一定程度は許されると思っています。もちろんKYですよね。

    MKYって、「その場の空気を読んで・・・」と言う事ですよね。議場の空気を読んで議論に参加するのは、議会に限らず会議やミーティングでは必要ですね。

    S:いずれにせよ「議会ウォッチャ・仙台」のあり方としては、しっかり議事活動をしている議員さんに目を向け評価するようにしたいですね。

     あら探しの点数ではなく、市民の代表者としての評価、プラスの面を評価して差を見るのが良いように思います。

    (つづく)

    オンブズマンタイアップのあっぷあっぷ座談会 6

    「議会ウォッチャ・仙台」について(1)

    司会:タイアップでは美しい仙台を創る会、宮城地域自治研究所の三者で仙台市議会の傍聴をする活動を行なっております。

     この「議会ウォッチャ・仙台」が発足したのは今年(2008年)の4月8日です。その目的は、議会の傍聴などを通して、議会・議員を住民の立場から監視、評価し、住民に開かれた、住民の意向の反映される議会をつくりあげることとしています。

     それについて皆さんの感想などお聴きしたいと思います。

    081227議会ウォッチャー2.jpg

    「議会ウォッチャ・仙台」発会式風景1

    L:昨年の11月14日に神奈川県相模原市で「相模原市議会をよくする会」の代表、赤倉昭男氏を講師に議会傍聴の意義や方法などについて勉強を行ないましたが、以来何度か議会傍聴に足を運びました。

     実は、私は性格的にも肉体的にも心臓が弱くて(笑い)、市議会の本会議場に行くのに本当に息が上がってしまうんです。エレベータも、市本庁から回らなければならないし、車いすの方だったら大変ですよ。

    S:「議会ウォッチャ・仙台」では手始めとして「傍聴者環境づくりのための申し入れ」を、今年の4月16日におこないました。その中に「高齢者、障がい者などが議場にアクセスしやすいように、エレベータの設置など、議場のバリアフリー化を推進すること。」と言うことも入っております。特に車いすでの傍聴が可能なように、8月25日「車椅子用階段昇降の設置についての申し入れ」をしましたね。

    司会者:それについては12月18日付けで、建築基準法適合値を確保出来ないと言うことで、従来通りの、階段を手押し車のように支えて上がり下りするバッテリ式車椅子用階段昇降で対応する旨回答がありました。

    M:4月の申し入れでは、このこと以外にも傍聴席の拡張や配置の改善、会議資料の配布、住所・氏名の記載廃止、写真機、録音機、望遠鏡の使用可など傍聴規制の大幅な緩和などを申し入れていますが・・・。

     これは神奈川県の相模原市議会や北海道の福島町議会などで取り組まれつつあると聞いています。

     私たちの選んだ市議会議員さんたちが代表者としてどれだけ頑張っているか、きちんと評価するには市議会を傍聴するしかないのではないでしょうか。

     その意味で議会事務局は、市民の傍聴環境の整備には「出来ない」ではなく「するにはどうするか」取り組む責務があると思います。

    司会者:「議会ウォッチャ・仙台」としてもこの件に関しさらに対応を検討していくことになると思います。

     次に、議会・議員さんたちの評価について、お話をして頂きます。

    (つづく)

    オンブズマンタイアップのあっぷあっぷ座談会 5



    タイアップグルー例会(3)

    ゆずみそ.jpg

      クラさんの「ゆずみそ」もありました(クラさんの「農」ある暮らし
    4http://sendai-ombuds.net/free/2008/11/post-3.html〉参照)


     


    M:全部の写真が無いのが残念ですが、レシピだけでも・・・。

     牡蠣とネギのソテー

    生牡蠣(生食用)を塩でふり洗い、水気を取っておく。
    長ネギを斜め切り(細く)し、フライパンを熱し(油はひかない)てその長ネギをさっと炒め、そこに生ガキを入れてさらに炒める。
    さっと火が通ればでき上がり。ミネラル豊富で風邪の予防にどぞ・・・。


     カジキマグロのバジルソース

    カジキマグロの切り身を、しっかり水気を拭き取り、塩・胡椒をする。オリーブオイルで両面、少し焦げ目がつく程に焼き上げる。
    生クリームを熱し、コンソメスープで味を整えて煮詰める。バジルソースを混ぜ合わせ、とろりと煮詰め、カジキマグロに掛ける。
    魚を食べた後のクリームソースはフランスパンをつけると絶品のお味。
    なお、バジルソースは、バジルの葉・ニンニク・松の実・オリーブオイルなどを使った、クラさん・ミッちゃん秘伝のものを使用とのこと。いずれご紹介頂くことになっています。

    オンブズマンタイアップのあっぷあっぷ座談会4



    タイアップグルー例会(2)

    司会:そうそう、その前に例会についてご説明いたします。

     タイアップの例会は偶数月(今回は12月2日)の第1火曜日、午後6時30分から宮城地域自治研究所内にて開かれております。始め1時間ほどは決めなければならない課題の協議を行ない、その後は回転を滑らかにすべく美酒を一献傾けながらの懇親と会員の手作り料理で情報交換・・・ここでグッド・アイデアが出されることも多い。会員であればどなたでも出来ます(http://homepage3.nifty.com/s-ombuds/sub1.html)。

     もっとも、年始にあたっては新年会が1月24日に行なわれますので2月の例会は無く、次が4月7日と言うことになります。

    L:真面目に協議した後は飲んで食べて話し合う、とにかく愉快。「楽しくなければ続かない」がキーワードでしょうか。難しい議論もしますが、その後は必ず旨いお酒と手作り料理で舌鼓。それにしてもオンブズマンの初代代表のテルオさんはじめ皆さん料理上手が多いですね。

    カジキバジルソース.jpg

    司会:それではレシピを・・・。

    M:ミッちゃんの「風邪予防のカンタンさらにヘルシーレシピ」と言うことでお聴きしていますのでご紹介しましょう。オンブズマン・トップシェフ、テルさん直伝の油を使わない特別料理だそうです。

    それでは「牡蠣とネギのソテー」に「カジキマグロのバジルソース(写真)」のレシピを紹介します。

    (写真は会が進んでからのものです。盛り付けが乱れているのもそのためです。)

    (つづく)


     

    仙台市民オンブズマン

    事務局 仙台市青葉区中央4-3-28朝市ビル4F 宮城地域自治研究所内 TEL 022-227-9900 FAX 022-227-3267